2018年2月20日火曜日

林檎さんへ、TASCAM US-42無罪報告(笑)

え~~、何度か配信しながらお待ちしておりましたが、なかなかタイミングが合いませんので
ブログのネタ不足にもご協力いただくということで・・・ご了解くださいw

【TASCAM US-42 は無罪でした】

結局マイクを交換しただけで、ノイズは嘘のように消えてしまい
その後は全く問題なく動作を続けています
MXL770というマイクがどうやらノイズの原因だったようなのですが
「完全に壊れた」というわけでもないらしく、
別の機材につないでみても、ノイズは出たり出なかったり・・・良く分かりませんが(笑)
とにかく、TASCAM US-42 に罪はなかった~~!、ごめんなさいTASCAM US-42 ~~!
とご報告させていただきますね

【さて、ツイキャス配信のお話】

◆PCからのツイキャス、どんな方法がある?

「PCからの雑談配信、可能ならBGMも」ということでは、いくつか方法があります

 ①PCマイクとPCのステミキ機能を使う
   |PCマイク端子に直接差せるマイクを使います
   |PCのステミキ機能を使えばPC内の音楽を再生しながら話すこともできます
   |最もお金のかからない方法ですが、音質は「ラジオ程度」となります
   |ステミキ(ステレオミキサー)機能は、実は僕も使ったことが無いので
   |上手く説明できないですが、ネットに色々情報があるので
   |もしもこの方法で行く場合は調べてみてくださいね(^_^;)

 ②USBマイクを使う
   |USBマイクはパソコンのUSB端子に差して使うマイクです
   |安価でかつ有名なところではSONY ECM-PCV80Uがあります
   |音質は①のマイクに比べるとかなり向上します
   |SONY ECM-PCV80U よりもう少し上等なUSBマイクだと
   |オーディオインターフェイスを使った場合と同じ程度の音質も得られます
   |ただし、この方法の場合もBGMを流すのはパソコンのステミキ機能になるので
   |そこがちょっと問題というかハードルになりそうにも思います

 ③オーディオインターフェイス+マイクを使う
   |PCからのツイキャスでは最も一般的な方法です
   |でも、オーディオI/Fもマイクも種類が多すぎて何を選んで良いか分からない
   |というのが皆さん共通の悩みでもあります

ということで、ziziさんとして何をおすすめするかといえば、
「ステミキはようわからん」ということで、当然③の方法となります(笑)

◆オーディオI/Fを選んでみる

この話もややこしくしようとすれば、どこまでも「ややこしく」なってしまうので
もう思いっきり話を「はしょって」しまうと、林檎さんの目的なら
 ・TASCAM MiNiSTUDIO CREATOR US-42(またはUS-32)
 ・YAMAHA AG06 (または AG03)
の二択でよいのではないでしょうか

TASCAM の場合、US-32はマイク1本仕様、US-42はマイク2本仕様という違いです
ただ、US-32の場合は内蔵マイクがあるので、極端な話マイク無しでも使えます
(内蔵マイクの音質は概ね好評ですが、自分としては未確認です)
 US-32                                             US-42

YAMAHAの場合AG03はマイク1本仕様、AG06はマイク2本仕様という違いです
ただし、同じマイク2本仕様のUS-42と比べると
US-42は2本ともコンデンサーマイクを使用可能なのに比べて
AG06ではコンデンサーマイクを使えるのは2本中1本のみということになります
 AG03                                             AG06

お値段を比較してみましょう(2018.2.19現在のサウンドハウス価格)
 ・TASCAM US-32 6998円
 ・TASCAM US-42 8791円
 ・YAMAHA AG03 12798円
 ・YAMAHA AG06 16934円
自分の感じる限り、この4機種で大きな音質差は無いと思えます
(YAMAHA AGシリーズは持ってないのでMG10XUの感想ですが)
機能面(何ができるか)に関してもTASCAMとYAMAHAはとてもよく似ていて
決定的と言える差はなさそうに思います

となれば、安い方がよい!!と僕は考えます(笑)
それにTASCAMにはPONボタンやボイスチェンジャーというお遊び機能も付いてるし
いま、TASCAM US-42の無罪が確定した状況では、間違いなくおすすめ機種といえます
万一、雑談だけでなく弾き語りなどの音楽系配信をしたくなったときでも
十分可能な音質と機能を持っています

US-32とUS-42の選択は微妙です
「マイクは買わない」というのであれば内蔵マイクが使えるUS-32の一択ですが
購入前提なら、価格差が1800円しかないのでUS-42でも良いのではないでしょうか
むずかしい話になりますが、US-42の方が少し上等なプリアンプ搭載で
聞き分けできるかどうかは別として、やや音質もよいらしいです(笑)

◆マイクを選んでみる

まずはコンデンサーマイクかダイナミックマイクかの選択ですね

 ・コンデンサーマイク
  |高感度に音を拾うことで、艶やかで繊細な音が得られます
  |ダイナミックマイクからの入れ替えなら「劇的!」と感じられるくらい
  |高音質に感じられる人も多いと思います
  |しかし、その分生活雑音(エアコン、パソコンのファン等)の音も綺麗にに拾ってしまうので
  |痛し痒しな部分のあるマイクです
  |ギターなどの録音は音の細かなニュアンスを録りたいので、
  |自分はコンデンサーマイクをよく使いますが(生活雑音にはできるだけ注意しますが)
  |周囲の雑音がどの程度かが「使えるかどうかの判断基準」になるかもしれません

 ・ダイナミックマイク
  |太く輪郭のはっきりした音が拾えます
  |でもコンデンサーマイクとは「音の性格」が違うというだけで
  |一概に低音質というわけではありません
  |コンデンサーマイクよりはやや感度が低く、音を拾う範囲も少し狭いので
  |あまり周囲のノイズには気を遣わずに済みます

ということで、アバウトにいえばこんな選択でよいのではないでしょうか

  |林檎さんの美しい声をあますこと無く伝えたい!
  |周囲の雑音には気をつける、または少々のノイズは許容範囲  → コンデンサーマイク
  |
  |周囲の雑音がやや多い、声をはっきりと伝えたい  → ダイナミックマイク

じゃあ、それはわかったから、どんなマイクを選べばよいの?
もうピンキリなのですけど(笑)
独断と偏見で、超入門用というマイクを選ぶとすればこんな感じです

 ・ダイナミックマイクの場合
  とりあえず安くて無難という意味では、BEHRINGER Ultravoice XM8500 です
  もちろん上見るとキリが無いですが、自分も好きなマイクですし悪くない選択です
  マイクホルダーも付属するのでスタンドがあればすぐに使えます

 ・コンデンサーマイクの場合
  誰にでも勧めてるので「またかよ」の声も聞こえてきそうですが(笑)
  audio technica AT2020、やはりこのマイクの癖のなさ、無難さは捨てがたい、
  お値段も1万円とコンデンサーマイクの中では比較的リーズナブルです

◆他に必要なもの

 ・マイクケーブル
  まずコンデンサーマイクを選んだ場合は、
  ケーブルの両端が「キャノン端子」というケーブルでなければならないことに注意してください
  この形状のケーブルはダイナミックマイクの場合にも使えますから
  とりあえず「両端キャノンケーブル」を1本用意しましょう

  次にマイク、オーディオI/F、パソコンの位置関係を考えて必要な長さを決めます
  必要な長さよりも少し長めのケーブルを選ぶとよいです

 ・マイクスタンド
  手持ちってわけにもいきませんので必要になります
  最もおすすめなのは、デスクアームスタンドです
  なんといっても取り回しが簡単で邪魔になりにくいのが魅力です
  配信場所の邪魔にならないところに「スタンドの土台を挟み込める」机の天板とかがあるなら
  こんなのがいいでしょう
   配信場所がこたつの上とかの場合はこんなのでもよいです
   ちなみに僕も使っております(笑)
あとは、配信する場所の状況次第ですので、遠慮無くご相談くださいませ~!


◆実際の配信音質

コンデンサーマイクと、ダイナミックマイクでの配信音質をご確認ください
変な弾き語りもせず、リバーブも無しで、ただしゃべってますので、
少し長いですが、どうか安心してお聴きください(笑)
配信はOBSという外部配信ツールを使用しています
 ・コンデンサーマイク:BEHRINGER B-1
 ・ダイナミックマイク:BEHRINGER XMR8500



2018年2月16日金曜日

機器接続に必要な「コード」を考える

「コード」と言っても、C、G、D、Amとかのギターコードではない(笑)

録音や配信をするとき、必要な機器を接続するコード類が必ず必要ですよね
そんな「コード」のお話です


なぜかよく使う「ステレオミニプラグ-TS(モノラル)フォン×2」


用途とか機器の端子形状とかで実に多様なコードが必要になるのですが
自分の場合、意外に使用頻度が高いコードの中に
「ステレオミニプラグ-TS(モノラル)フォン×2」といういわゆるYケーブルというのがあります

いつもお世話になるサウンドハウスの商品で言えばこれ(税込み864円)


ところが、HOSAに限らずCLASSICPROもおなじなんですが
この形状のケーブルの廉価品を購入すると、3.5mmミニプラグ側の接触がすこぶる悪い(^_^;)
ぐりぐりすると直るんですが、ノイズが乗ったり接続が不安定になったりということが
うちではけっこう頻繁に起きます


同じ機能を合体メカで


6.3mmのLR出力をステレオミニジャックに送りたい、またはその逆をしたいということで
素直に頭に浮かぶのがこのYケーブルというワケなんですが
もうちょっとサウンドハウスをウロウロすると、こんなものも見つかります



この二つを組み合わせれば、Yケーブルと同じ機能が果たせませすね!

合計金額は上のYケーブルより100円ちょっと高くなりますが
私の経験上で言えば、この2つを使用しての問題は特にありませんし、音質劣化も感じません
それにです、場合によっては、
 ・上の方単独で使用する
 ・下の方単独で使用する
 ・組み合わせてステレオミニプラグ-TS(モノラル)フォン×2のYケーブルとして使用する
 ・組み合わせてTRSフォン-TS(モノラル)フォン×2のYケーブルとして使用する
 ・下の方単独でステレオミニプラグ-TRS(ステレオ)フォンのケーブルとして使用する
という、なんと5役をこなせる!、素晴らしい!、まさに合体メカ!!(笑)

合体!

何が言いたかったかと言えば


まあ、ブログネタが無くなったもんだからこんなことを書いてるのは明白ですが(笑)
一つのものにこだわらず、ちょっと違った目線で考えると他の解決もあるという
そんなお話・・・・であります
別に。サウンドハウスの回し者ではございませんが、
そんな風にいろんなケーブルを眺めるのも結構楽しいものです
(これは嘘じゃないw)


・・と書いたばかりだが


記事を書き終わって「やれやれ」ってくつろぎながらSHさんを散歩してると
こんなのもありました
上の合体メカよりも変身パターンは少ないけど
「フォン×2→TRSフォン(or3.5mmステレオミニジャック」という基本的な機能は同じ
しかも756円ということで、合体メカより300円くらい安い・・・・それに妙に格好いい(^_^;)
サウンドハウス、罪作りな会社です(笑)
 
 
 

2018年2月14日水曜日

Tascam Ministudio Creator US-42 (番外編)


※2018.2.20追記
 以下の不具合に関して、結局US-42は無罪だったことが判明しました(^_^;)
 原因は使用していたマイク(MXL770)だったようです 



書く予定はなかった「番外編」ですが、急遽「交換処理」となってしまったので、ご報告です

特にTASCAM製品でトラブルが多いというようなイメージは持ってないのですが
TASCAMに限らず、こういう電子機器って避けて通れない部分はあります
今回のトラブルはマイク1のノイズ発生でした


【症状について】

1.その日の初回起動時に激しいノイズが発生

  ・昔のテレビの砂嵐時の時のような音、ヘッドホンの耳が痛いレベル
  ・USBでパソコン接続時も外部電源(5v)で起動時も同様にノイズは発生
  ・発生源はマイク1のコンデンサーマイクモード(ファンタム給電時)
  ・ファンタム供給を止めるとノイズは消失、再度供給すると発生
  ・電源オンオフ、ケーブル類の抜き差しなど色々やっているうちに
    10分~15分以内になぜかノイズは消える(何が良かったのかは不明)
  ・一度ノイズが消えるとその後は問題なく利用可能
  ・しかし、翌日起動するとまたノイズ発生(毎回ではないが発生率5割以上)
  ・使用マイクはMXL770
    (別のマイクに変えて試したかったがマイクの破損が怖くてできなかった)
  ・マイクケーブルは安物2種類で試したが同じ結果だった

2.上記のノイズではない、低周波の「ブーン」というハムノイズが大きいときがある

  ・これは当方の使用環境という部分もあるので機器の異常とは限らないが・・・


【対応について】

購入店に電話し、症状を伝えたところ、即「交換対応」ということに
先に交換品を送付してくれたあとでこちらから返送すれば良いのだそうだ

こちらから送付して、店舗で症状確認して、メーカーで保証対応という
気の長い手順を想像していたので、もう拍子抜けするくらいの「神対応」!
愛曲楽器様、ありがとう~~!!

まだ交換品は届いてないけど、無事の動作を祈るのみです


【交換品きました】 ※2018.2.15追記

交換品が無事に到着!、はやっ!!

何事も無かったkのように、動作しております
やっぱり何かの初期不良だったのか・・・・・??、わからんけどw

交換で気付きましたが
PCでSTEREOで使用後にシャットダウンし、再度PC起動した直後のセッティングパネルが
  ・以前は必ずMONOに戻ってしまっていた
  ・今回はSTEREOで起動
という、不思議ですが「ありがたい」状況となっています
理由とか全くわかりませんが、これも不具合の一つだったのかもしれません・・

愛曲楽器、再度ありがとう~~~!!

【またノイズ、これは私の環境が問題??】 ※2018.2.16追記

悲しいお知らせ(笑)
なぜかまたのイズ発生!!
今回はマイクを別のものに付け替えた時点でノイズはぴたりと無くなり
その後、ノイズの出ていたマイクに再度付け替えてもノイズは発生せず・・・・謎

なんだかここまで来ると、「原因究明そのもの」がちょっと楽しくなっても来た(笑)
本日はTASCAMに質問メールを送付、とりあえず以下の内容です

  |お問い合わせ内容
  |
  |1.その日の初回起動時に激しいノイズが発生
  |
  |・昔のテレビの砂嵐時の時のような音、ヘッドホンの耳が痛いレベル
  |・PCはwindows10(アップデートは最新状態)
  |・USBでパソコン接続時も外部電源(5v)で起動時も同様にノイズは発生
  |・発生源はマイク1、2のコンデンサーマイクモード(ファンタム給電時)
  |・ファンタム供給を止めるとノイズは消失、再度供給すると発生
  |・電源オンオフ、ケーブル類の抜き差しなど色々やっているうちに
  |10分~15分以内になぜかノイズは消える(何が良かったのかは不明)
  |・一度ノイズが消えるとその後は問題なく利用可能
  |・しかし、翌日起動するとまたノイズ発生(毎回ではないが発生率5割以上)
  |・使用マイクはMXL770
  |(別のマイクに変えて試したかったがマイクの破損が怖くてできなかった)
  |・マイクケーブルは安物2種類で試したが同じ結果だった
  |
  |2.先日交換品を送付してもらいました
  |
  |・PC接続で最初は問題なく動作
  |・翌日の起動時にまた激しいノイズ発生
  |・USBケーブル交換、USBポート変更でも改善されず
  |・PC接続をやめて5Vの外部電源でスタンドアロン起動しても改善なし
  |・ファームアップ(1.0→2.3)を実行しても改善無し
  |・マイクを別のものに変えると突然のイズ消える
  |・その後、元のマイクに差し替えてもノイズは発生せず
  |
  |3.以上を踏まえてお願い
  |
  |・もう交換品は必要ないですが、
  | 上記で考えられる原因について何か思い当たれば教えてください
  |・ノイズとは関係ないですが、セッティングパネル(エキスパートモード)
  | の動作で以下の不具合がありますのでご対応ください
  |  ファームウェア1.0の時は右下のアウトプットモードを「STEREO」の状態で
  |  終了したとき、次回起動時に「STEREO」で立ち上がりますが
  |  ファームウェア2.3に更新すると
  |  同じ状況でセッティングパネルを起動するたびに「MONO」になってしまう

【なんかマイク(MXL770)が怪しくなってきた※2018.2.17追記

今日もパソコン&US-42起動とともに爆ノイズ・・・でももう慌てない(笑)
マイクをMXL770から激安中華マイクBM-800に付け替えるとぴたりとノイズ消失
昨日はこのあとMXL770に差し替えてもノイズ無しで使えたのだが
今日はMXL770に差し替えるとノイズが復活
再度BM-800にするとノイズ消失・・・・・理由は全く不明だが、なんとなく傾向が絞れてきた

【マイク交換で平和な朝w※2018.2.18追記

マイクをBehringer B-1に交換した
実はこれまで「マイクが怪しい」とは思いつつも確信がなく、
US-42のせいでマイクまで壊れては大変!との判断からマイク交換はためらわれたのだが
昨日安物マイクでよい結果が得られたので、思い切って交換してみた
交換して初めての朝の起動・・・平和な朝である

【続けて平和な朝w※2018.2.19追記

マイク交換2日目の朝起動、本日も平穏なり


【US-42無罪確定w※2018.2.20追記

マイク交換3日目の朝起動、本日も平穏なり
もうUS-42の無罪判決を出してあげよう~~!!