2017年5月18日木曜日

弾き語りオールインワン BOSS VE-8

プリアンプであり、エフェクターであり、マイクギターのブレンダーであり・・
多機能すぎて一言では言い表せないBOSS VE-8のお話

 
 
昨年末に購入して以来、そこそこ使ってたりするんですが
どう紹介して良いかもちょっと思い付かないので、まずはBOSSのサイトから製品概要

•コンパクトなボディに弾き語りギタリストのためのプリアンプとエフェクトを凝縮。
•シンプルな操作で洗練されたプロ・クオリティのサウンドを実現。
•スタジオ・クオリティのボーカル用エンハンスと4 タイプのアンビエンス、リアルタイム・ピッチ補正機能を搭載。
ギターの入力からの自動キー検出や手動でのキーを設定により、リアルタイムに自然なボーカル・ハーモニーを生成。
•定番のダブリングから、劇的な変化を加えるディストーション、ラジオ・ボイス、エレクトロニック・ボイスまで幅広いボーカル・エフェクトを搭載。
•自然な響きの再現にこだわって設計されたアコースティック・レゾナンスに加えリバーブ、コーラス、チューナーなど多彩なエフェクトと、ハウリング解消のためのノッチ・フィルター、フェイズ・インバーターを搭載。
•ギターとボーカルをそれぞれ独立したトラックへ最大80 秒まで録音できるルーパー機能。
•お気に入りの設定は50 パッチまで保存可能。
•PA やステージ・モニターなど様々な接続にフレキシブルに対応できるアウトプット端子とPC レコーディング用のUSB オーディオ機能を搭載。
•単三電池6 本とAC アダプター(付属)の2 電源方式。

私の使い方


この通り「超多機能」でありますが、もちろん私に全機能使いこなせるわけもなく

マイクとギターを接続し
マイクとギターにそれぞれリバーブをかけ
それぞれの音量を調節して
出力する
たまには気分転換にハーモニー機能を使ってみたりもする

結局こんな使い方しかしてないわけですが、
それでもこういうことを別々のプリアンプやエフェクターを使ってやるとなると
それなりに複雑なというか煩雑な構成になってしまうので
「1台でできる」というメリットは計り知れなく大きいのであります

多機能だけど


ただし超多機能ではあっても、例えば
リバーブは4種類程度しか無い、とかハーモニーも5種類程度とか
各機能の「奥行き」についてはそれほど多彩に用意されているわけではありません
音の作り込みの多彩さではTC HELICONのPLAY ACOUSTICなどには
遠く及びません(^_^;)
でもその分、多機能なわりに比較的使いやすいというメリットもあるわけで
まあ一長一短といったところでしょうか

ところでこのボーカルエフェクターという機材は各社から数多く発売されてていますが
これこそまさに一長一短(笑)
機種によってできること,できないことがあって
今手元には4台のボーカルエフェクターがありますけど
自分の欲しい機能を全て持ってるボーカルエフェクターというのは1台もありません
しかも、「こういう機能は付いているかしら?」と購入前に調べても
これが非常にわかりにくい
結局買って実際に使ってみるまでわからないということで4台も買う羽目になりました(笑)

具体的にVE-8ではできなかったことをあげると
ハーモニー音にジェンダー(性別)を設定できなかった
オクターブ上のハーモニー音は出せない」という2点になります
VE-8では主声にはジェンダーが設定できるのですが、ハーモニー音には設定できません
私の希望する使い方としては
「オクターブ上のハーモニー音を女声コーラスで追加したい」という場合が多いので
それができないというのはちょっと痛かったりしました(^_^;)

基本的な音質など


これは「良い」と思います
エフェクトやEQの効き方も適切だと思うし、その割に変な色づけも無くクリアで素直な出音です

使い勝手


上で「割と使いやすい」とは書いたものの
ちょっと込み入った調整や設定を行う場合はやはりマニュアル無しでは無理です
でもそういった調整は頻繁に行うものでも無く
一度好きな音色を設定できれば、あとはつまみの操作のみでなんとかなります

やや使いにくいと感じたのはフットスイッチの固さでしょうか
私があまりペダル類を使い慣れていないせいというのもありますし
VE-8を地べたにおいて使うのが「なんとなく嫌」というのも原因なんですが
できれば別途フットスイッチを用意した方が使いやすいです
私はBOSSのFS-5Uという機種を使っています
ハーモニーのオンオフにだけ使ってますが、有ると無いでは大違い、重宝してます


【ハーモニー生成のコツ】

コツというほどでも無いんですが取説のP11にある「ハーモニーのサブパラメーター」は
結構「ミソ」であります(笑)


説明にもあるように初期値の「10」のままだと
私のように「ピッチの正確で無い人」の場合、とっても変なハーモニーが付いてしまいます
この設定を「ハーモニーがおかしくない程度まで下げる」というのが肝要であります
私は設定可能な下限近い「2」まで下げていますが
もしも8~10程度の設定でハーモニーがうまく生成できるようだと
相当ピッチの正確な歌い手さんと言えるのかもしれませんね
「ピッチの正確さ判定マシン」としても使えたりする・・・のかな?(笑)

ともあれ「思ったようにうまくハーモニーにならないなあ」と感じられた場合は
是非お試しください!!!・・・というわけでございます

サンプル音源


最近、根気が無いといいますか・・・(笑)
もっと録りなおして、仕上直して、なんていう気力が湧いてきません
サンプルというには、かなり悲しいですが、
まあ「ふ~ん、そんな感じか~~~」という程度に聞いていただければ幸いでございます

 ・VE-8のライン出力をZOOM Q8に送って録画しています
 ・VE-8からの声やギターの音を確認できます
 ・初めて使ったローリングカポによる半音上げ⇒2:40頃
 ・VE-8のハーモニー機能(3度下ハーモニー)を確認できます⇒2:45頃

ということで、結局のところ2分30秒あたりから30秒も聞いていただければ済むという・・・(爆)
時短ご希望の方は是非そのように・・・




ちょいおまけ


今回の録音で使ったマイク「SAMSON C05」
5000円前後で買えるハンドヘルド型コンデンサーマイクですが、なかなか良いです
すこし奥行き感に欠けるかなあと思うこともありますが、とてもクリアな音で私は好きです
サイドアドレス型と違って普通のマイク形状なのでショックマウントも必要なく
とても使いやすいことも高得点です
ただしコンデンサーマイクなのでファンタム電源が必要なことにご注意くださいね!


あ、それと、SAMSONというのはアメリカの音響メーカーです
韓国のSamsung電子とは異なる会社ですので、ご参考までに
 


2017年5月5日金曜日

Yokoyama君、弦交換

ダダリオのコーティング弦を張ってからもう2か月以上というYokoyama君
さすがに5、6弦が少しだれてきたので弦交換です

弦交換を済ませたYokoyama君

交換後の弦は「ドルフィンギターズオリジナル弦」で
Yokoyama君の前オーナー様からオマケでつけていただいた弦です

なお、旧弦にはボールエンド付近に金属ビーズをつけていただいてましたが
効果のほどを確認するため、今回はビーズ無しで張ってみました
次回の弦交換では使用してみようと思います


さて、ドルフィンギターズオリジナル弦ですが、感想をまとめると以下のとおりです

 ・テンションがややゆるめに感じられ押弦しやすく感じる
 ・指の触感もあまり固さを感じない⇒私はどちらかといえば好きな部類です
 ・チューニングの安定性は、張った直後に少し伸びますが、その後は割と早く安定します
 ・音はきらびやかではありますが、エリクサーよりはずっと落ち着いた感じです
  「良く伸びる品のいい音」という感じでしょうか、これはこれでありです
 ・総合的には、演奏性に優れて音も良く、値段も800円くらいということで
  優れた弦と言えるのではないでしょうか

明日オークションに出品する予定のMTR
BOSS MICRO BR BR-80の内蔵マイクでちょっと音をとってみました