2017年8月3日木曜日

ギター弦の廃棄缶、2年後

廃棄缶のその後シリーズ、2年目のご報告です

【関連記事】

 ■「ギター弦の捨て方:http://zizii2015.blogspot.jp/2015/08/blog-post_3.html
 ■「ギター弦の廃棄缶、5ヶ月後」:http://zizii2015.blogspot.com/2015/12/blog-post_29.html
 ■「ギター弦の廃棄缶、1年後」:http://zizii2015.blogspot.com/2016/08/blog-post.html

【2年経過】

中はこんな感じ、もうすでに満杯に近くなっていますが、
下の写真のように手で押し込むとまだ1/3くらいは余裕があります
この雰囲気からすると1年目で予想したとおり、あと半年から1年くらいの寿命でしょうか

【すでに満杯近いように見えるが】
【手で押し込めばまだ余裕あり】


【廃棄弦の重量】

廃棄弦の重量(缶の重量は除く)は、1105gになりました、1年間で402gの増加です
いつもの「22g/セット」という数値を使うと、
  ・この1年で使用した弦:18セット
  ・2年間で使った弦の総数:50セット
ということになりますが、2年目の使用量がかなり減っているのがわかります

原因はいろいろ考えられますが、
最も大きいのは、弦をエリクサーメインに切り替えてきたことだと思われます
音重視に伴う切り替えでしたが、消費量の抑制にも結構効果があったことがわかりますね~
このペースだと「廃棄缶を3年保たせる」という目標もいけそうな感じになってきました


さあ、満杯目指してラストスパート?開始です

0 件のコメント: